メディア掲載記事

PICK UP!編集部イチ押し (株)横田製作所 脱泡・脱気ポンプ ASP 型


食品化学新聞社 フードケミカル 2012年8月 vol.328号 2012年(平成24年)8月1日 発行

編集部イチ押し(株)横田製作所 脱泡・脱気ポンプASP型 フードケミカル

編集部イチ押し(株)横田製作所 脱泡・脱気ポンプASP型 フードケミカル

フードケミカル 2012年8月vol.328号 P2 より転載

PICK UP! 編集部イチ押し

PICK UP! 編集部イチ押し
(株)横田製作所
脱泡・脱気ポンプ ASP 型

フードケミカル 2012年8月 vol.328号の「PICK UP!編集部イチ押し」に紹介されました。


横田製作所は、幅広い粘度の液体を連続処理ができる「脱泡・脱気ポンプ ASP型」を販売し、ユーザーから好評を得ている。同製品は自吸・加圧機能を備えているので、製造ラインに組み込んで、脱泡・脱気と共に吸い上げ・攪拌・圧送まで行うことができる。連続処理が可能なことにより、静置タンクの設置が必要なくなり、省スペース・生産時間短縮にも貢献する。同社では、標準仕様およびサニタリー仕様の 6 機種(処理流量:〜500L/min)を取り揃えている。

柔軟性に富んだアプリケーション
本機が対応するアプリケーションは、清涼飲料水のような低粘度のものから、ペースト状食品のような高粘度のものまで多岐にわたる。豆乳のように起泡性が高いものや、ペースト状食品のように粘度が高く、攪拌などで空気を抱き込みやすいものへの使用が可能だ。また、粒マスタードやドレッシングのように、小さな粒が入った製品でも連続処理ができるのが特徴。連続処理では粒の沈降を考慮しなくて済むため、搬送前の攪拌等の工程や時間の短縮につなげることができる。処理能力は豆乳飲料などでの一般的な殺菌・均質機の処理能力(参考値 170L/min)での運転で問題なく脱気・脱泡が可能だ。
これまでの導入実績は、各種飲料、豆腐製造、カップデザート(プリン、ゼリー)、ケチャップ、野菜ペースト、機能性食品(コラーゲン等)と幅広い。特にプリンではカップ充填後の加熱(蒸し)工程で “す” が入らないきれいな製品に仕上がる。

優れた脱気能力
本機は液体中の “泡” を消すだけではなく、液体中に溶け込んでいる空気(溶存酸素)を効率よく取り除く。加工工程で食品中に取り込まれた酸素は酸化による色調の変化や機能性成分の酸化、好気性の微生物の増殖原因にもなる。

  脱泡・脱気ポンプASP型 脱泡・脱気ポンプASP型

水道水(20℃)を ASP-0610 を用いて流量 40L/min 以下で処理した場合、処理前に 8mg/L あった溶存酸素が吐出側ではわずか 0.5mg/L にまで減少していた。処理後の水を製氷機で凍らせれば、極めて透明度が良い高品質な “おいしい” 氷ができる。

品質向上・コストダウンに
食品を脱泡・脱気することによるメリットは、コストダウンにも直結する。脱泡・脱気をすることによって均一な製品になれば、充填時の容量のばらつきが減少し、充填量の設定値を抑えることができるため歩留まりが向上する。また溶存酸素を除去することで品質劣化を抑制でき、製品の賞味期限の延長にもつながる。

月刊フードケミカル 2012-8


この製品のより詳しい説明については、脱泡・脱気ポンプ DP、ASP 型をご覧ください。
より大容量の脱泡に適した装置もあります。脱泡ポンプ UPSA 型をご覧ください。

メディア掲載記事一覧へ
 
ソリューション事例 ポンプ製品 バルブ製品 特殊金属材料 会社情報
脱泡・脱気 自吸渦巻ポンプ 無水撃チェッキ弁 特殊ステンレス 会社概要
水族館 脱泡・脱気ポンプ ウェハーチェッキ弁 耐海水ステンレス 事業所・アクセス
農業かんがい給水 脱泡ポンプ 直動式定流量弁 ステンレス鋳物部品 工場ツアー
下水処理場・浄水場 超自吸ポンプ 直動式フロート弁 無注水メカシール 会社略歴
農業配水 自吸多段渦巻ポンプ パイロット式制御弁 主なご納入先
製鉄所・製鋼所 カスケードポンプ  定圧弁・減圧弁 ダウンロード メディア掲載記事
タンカー荷役 プロセスポンプ  定流量弁
大型基礎工事 片吸込渦巻ポンプ  1液面2液面制御弁 IR情報
海水取水 多段渦巻ポンプ  安全弁・1次圧制御弁
スラリーの自吸 両吸込渦巻ポンプ  落水防止弁 採用情報
除雪・消雪 大型斜流ポンプ  差圧制御弁
海底トンネル  緊急遮断弁 お問い合わせ
残液散布弁
クイックナビ 自動ストレーナー Web展示会
 
(C) 2001 株式会社横田製作所 Tel. 082-241-8674
サイトご利用条件